お金を借りる人に万が一のことがあり、借金の肩代わりをする人を保証人といいます。

お金を借りる人に保証人が必要なときに、なかなか引き受けてくれる人がいないため、最近は保証会社が保証人の代わりになることがあります。

「借金の保証人には絶対になるな」という言葉もあるように、なかなか保証人になってくれる人はいません。
しかし、大切な人から保証人に頼まれたときに、断ることもなかなか難しい人もいるかもしれません。

連帯保証人とは

そこで、知識もなく簡単に保証人を引き受けてしまうと、後日大変なことになったということになりかねません。

そこで、連帯保証人について基本的なことを押さえておきましょう。

連帯保証人について

保証人とは簡単にいうと、人的担保です。
お金を貸すときに、ものではなく人が担保になることをいいます。
お金を借りた人(主債務者)が返せなくなったときに、返済にあてるものが担保です。

人が担保になるということは、主債務者が返済できなくなったら、代わりに保証人がお金を返さなくてはいけなくなります。
保証人は通常、主債務者がお金を返せないとなったら、貸手側から返済の催促がきます。

しかし、連帯保証人の場合は主債務者がお金を返せる状態で延滞をしたときに、貸手側は主債務者を飛び越して返済の催促ができるのです。
これを催告の抗弁といいます。

「連帯」というのは借りた人と、同じ扱いになってしまう意味になります。
通常の保証人と決定的に異なることは、お金を借りたわけではないのに借金を背負うことと同じ状態になってしまうことです。

保証人と連帯保証人の違い

連帯保証人について、保証人との決定的な違いについて話をしました。
しかし、保証人と連帯保証人の違いは、借金を背負うことと同じ状態になるかどうかの違いだけではありません。

保証人と連帯保証人は、主債務者が返済できなくなった場合に、代わって借金を返済する義務を負うことは共通します。

しかし、先ほど話をしたこと以外に、主に以下の2つが異なる点です。

1.検索の抗弁権の有無

主債務者が返済できる財産がある場合、返済を拒否すると保証人は主債務者の財産があることを盾にして、貸手側に主債務者の貸金業者に対して主債務者の財産に差押えなどをするように促せます。
これを検索の抗弁権といいます。

しかし、連帯保証人の場合はこのようなことができません。
貸手側に返済を要求されたら、主債務者に財産があったとしてもお金を返さなければいけないことになります。

2.保証人が複数人の場合

保証人が複数いることがあります。
保証人は人数に応じて、頭数で割った金額だけを返済すれば良いとされています。

しかし、連帯保証人全員が全額を返済する義務を負います。
貸手側は誰に借金の返済を催促しても良いのです(元金と利息を超えて返済することはありません)。

債務整理をしたときの影響

ここまで話をしてきたことを考えると、連帯保証人というものは主債務者が単に借金を返済しているにすぎない、借金を背負う状態と同じであることが分かります。

そこで、主債務者が多額の借金を背負い、返済ができなくなり債務整理をしたときにどうなるのかについて話をします。

通常は債務整理をすると、借金の返済が減額されたり、借金がなくなったりします。
しかし、連帯保証人がいると、主債務者が債務整理をした場合には、その借金の返済を催促されてしまうことになるのです。

主債務者が病気などの何らかの働けない状態になり、収入がなくなって借金を返済できなく債務整理をしたときに、連帯保証人になっている人は代わりに借金を返済しなければいけなくなります。

法律事務所選びに迷ったら街角相談所-法律-へ

街角法律相談所

街角相談所-法律-は、全国の債務整理の専門家から、あなたに最適な法律事務所を紹介してくれるサービスです。無料で利用できますので安心してご利用下さい。

債務整理の相談で毎月10,000人以上もの方が利用しています。

債務整理に強い弁護士事務所『東京ロータス法律事務所』

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題解決の経験・実績多数の債務整理に強い法律事務所です。

毎月の返済がつらい、借金がなかなか減らないなど借金問題でお悩みの方は相談してみましょう。

特徴:土日祝日対応 / 全国対応 /無料相談 / メール相談 / 分割払い

電話無料相談:0120-337-064
受付時間 9:00~20:00
(通話料無料、PHS、携帯ok)