複数の業者からお金を借りると、借金額の割には返済額が膨らみ生活が大変になることがあります。
このように、複数の業者からお金を借りて月々の返済が大変になったときに、考えるのがおまとめローンです。

おまとめローンとは

また、返済額の割に借金が減らず、家計が苦しくなって新たな借金をする温床になりかねません。
これらのことを改善するために、利用をするのがおまとめローンです。

おまとめローンについて

上記で紹介しましたように、複数の業者から借りたお金を、ひとつにまとめて借り換えする商品がおまとめローンです。

ところで、消費者金融のカードローンに、申し込みできる限度額があるのはご存じでしょうか。
銀行系以外のカードローン等に申込みをするときには、総量規制が関係します。

そのため、消費者金融や信販会社のカードローン等に申込みをするときには、年収の3分の1以内に納めなければいけません。

これは、カードローン単体ではなく、合計で年収の3分の1になります。

しかし、おまとめローンは総量規制の対象外になっています。
したがって、所有しているカードローンの利用限度額に関係なく申込みが可能です。

これは、お金を借りる人にとって、不利な条件でお金を借りるわけではなく、生活を改善するための借金に該当するからなのです。

おまとめローンは、複数あるローンをひとつにまとめて、生活を改善するためのローンです。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットは、次の通りです。


  • 月々の返済が少なくなる
  • 返済日がひとつにまとめられる

月々の返済額が少なくなることは、家計が楽になりますのでメリットであることはすぐに分かります。
また、返済日がひとつになることは、延滞をするリスクが減ることと、手間が減ることになります。

返済日が異なっていると、入金の管理をするのが大変で、忙しいときに返済をすることを忘れてしまうことがあります。
また、返済がひとつにまとまることで、入金をする日と場所がひとつになるので手間がなくなります。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンは良いことばかりではありません。
デメリットもあります。

おまとめローンのデメリットは、次の通りです。


  • 支払利息が増える
  • 返済期間が延びる

このふたつのデメリットは、実はひとつのデメリットを改善すると、ふたつのデメリットがなくなります。

支払利息が多くなる原因は、おまとめローンは返済期間が延びていることで起きている現象です。

おまとめローンは、借り換え前の借金よりも返済期間を長くすることで、月々の返済額を少なくしています。

返済期間が長くなるということは、利息を支払いしなければいけない期間が延びるため、総支払利息が増えてしまうのです。

このような場合には、弁護士に相談することをおすすめします。
借金返済は借金一本化(おまとめローン)より弁護士に相談するべき

おまとめローンとカードローンって何が違うの?

カードローンでも借金をひとつにまとめることは可能です。
しかし、おまとめローンとは決定的に異なることがあります。

おまとめローンは借金の金額と、返済期間を最初に決めてしまいますが、カードローンは利用限度額内であれば反復利用ができます。

カードローンの利用期限は、業者ごとに異なり、延滞などをしなければ、上限年齢に達するまで自動更新がされます。
なお、上限年齢も業者ごとに異なるのです。

おまとめローンは、「借入金額」「借入期間」「金利」「返済額」などの契約をするときに決めてしまい、最初に決められた内容で返済をしていくことになります。

法律事務所選びに迷ったら街角相談所-法律-へ

街角法律相談所

街角相談所-法律-は、全国の債務整理の専門家から、あなたに最適な法律事務所を紹介してくれるサービスです。無料で利用できますので安心してご利用下さい。

債務整理の相談で毎月10,000人以上もの方が利用しています。

債務整理に強い弁護士事務所『東京ロータス法律事務所』

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題解決の経験・実績多数の債務整理に強い法律事務所です。

毎月の返済がつらい、借金がなかなか減らないなど借金問題でお悩みの方は相談してみましょう。

特徴:土日祝日対応 / 全国対応 /無料相談 / メール相談 / 分割払い

電話無料相談:0120-337-064
受付時間 9:00~20:00
(通話料無料、PHS、携帯ok)