債務整理・借金返済方法について

債務整理とは、借金の返済が難しい人に対しての救済措置の総称です。

この債務整理には、主に以下の5つがあり、裁判所を通すもの、債権者(クレジットカード会社など)と直接債権者と交渉する整理方法があります。

任意整理
裁判所は通さず、直接債権者と示談交渉を行います。
特定調停
簡易裁判所を通し、債権者と示談交渉を行います。
個人再生(個人債務者民事再生)
地方裁判所が一括して、債権者をとりまとめます。示談と比べてかなり減額が期待出来ます。
自己破産
地方裁判所が行い、免責が認められれば借金が免除になります。
過払い金請求
過払い金(借金返済で払い過ぎた分のお金)を現在の借金と引き直し減額することが出来ます。また、完済後であればお金が戻ってきます。

いずれの方法(過払い金を除く)でも信用情報(いわゆるブラックリスト)に掲載され、数年間銀行からの融資やクレジットカードの作成等は出来なくなります。

債務整理の特徴

各債務整理の特徴(出来ること出来ないこと)についてをまとめました。

債務整理 比較表

どの手続きも自分だけで可能です。ですが、どの債務整理が自分に最良の手段か判断することは困難です。しかも、手続きはかなり複雑で、特に働いている方は書類の作成にも時間がかかってしまいます。ですので、債務整理を検討する場合は、弁護士さんや司法書士さんに相談、依頼しましょう。

信頼出来る法律事務所が近くに無い場合は街角相談所-法律-でまずは相談してみるのがおすすめです。

債務整理で借金がいくら減るのか今すぐ無料診断する方法

メリット・デメリット

体験談

借金返済方法

おすすめの弁護士事務所

ページの先頭へ