独身であれば債務整理は当事者だけの問題なので、それほど苦労はしません。

ですが、これから結婚する人、既婚の人はパートナーや家族がいます。そうなると多額の借金があっても債務整理をしようという気にはなれないものです。このような悩みがある方のために今回は債務整理が結婚に影響するかについて紹介します。

債務整理と結婚

結婚前の債務整理

結婚前に債務整理するとパートナーにはどのような影響があるか心配で、なかなか債務整理に踏み切れないのではないでしょうか。

ですが、安心してください。結婚前に債務整理を行ってもパートナーには全く影響はありません。

結婚しても信用情報に影響はない

結婚前に夫が債務整理をしていて、結婚すると夫婦で苗字や住まいが同じになります。しかし、苗字と住まいが一緒になったからといって、妻の信用情報に影響がでることはありません。

これは民法 第七百六十二条で定められている夫婦別産制によるものです。

夫婦別産制では、結婚前・結婚後であっても本人の名前で得た財産(借金も含む)は、その本人のものであると記載しています。よって、借金は本人の名義で借りるものですので、その本人だけにしか影響はありません。

また、条文にはどちらの財産か明らかでないものは、共有のものであると書かれています。これはよく聞く離婚時の財産分与に利用されます。

噂:名前が変わると債務整理の記録がなくなる?

信用情報は登録時の名前で照合しています。結婚の際に苗字が変わると債務整理の記録がなくなるのではと考える人もいるはずです。

しかし、これは都市伝説です。

昔はなかなか照合できなかったために、債務整理後すぐであってもクレジットカードの作成やローン契約ができたようです。

ですが、現在では不可能です。申し込みの際に旧姓をかかせる対策をしていたり、企業・グループ企業間の情報を参照することで調査が可能になったりしているためです。

夫婦生活への影響

パートナーの信用情報に影響は出ないと紹介しましたが、債務整理を行うことで次のような信用情報に関わる契約に影響が出てきます。

  • 住宅ローンの契約
  • 車ローンの契約
  • クレジットカードの作成
  • 携帯電話の分割払い契約

特に家計が夫の収入が主な場合は、ある程度影響がでてしまいます。

尚、信用情報の登録期間は債務整理の種類にもよりますが、5~10年になります。よって、それまで我慢することが必要となります。

債務整理の事実はパートナーに話しましょう

夫婦生活への影響を紹介しました。結婚前に打ち明けたり結婚後に打ち明けたりすると、結婚できない、もしくは、離婚されるのではないかと考えてしまいます。

ですが、今後の人生設計や計画も立てやすくなりますので、パートナーには債務整理の事実を打ち明けることをおすすめします。

債務整理の事実は知られることはない

債務整理をしたことやこれからする場合は、その事実がばれることはないのでしょうか。結論からいうと、ばれることはありません。債務整理の事実は金融関係者しか調べることができないためです。

また、これから債務整理を行う場合でも弁護士や司法書士に相談すれば、自宅への書類の郵送や電話などは控えてくれますので、基本的にばれることはありませんので安心してください。

関連記事:債務整理は家族や身内にばれる?

用語解説

これから債務整理をしようと考えている場合は、どうしても借金を秘密にしたい場合は別ですが、パートナーへ借金のことを打ち明け、法律事務所へ相談に行くのをおすすめします。

法律事務所選びに迷ったら街角法律相談所へ

街角法律相談所は、全国の債務整理の専門家から、あなたに最適な法律事務所を紹介してくれるサービスです。無料で利用できますので安心してご利用下さい。

債務整理の相談で毎月10,000人以上もの方が利用しています。

債務整理に強い弁護士事務所『東京ロータス法律事務所』

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題解決の経験・実績多数の債務整理に強い法律事務所です。

毎月の返済がつらい、借金がなかなか減らないなど借金問題でお悩みの方は相談してみましょう。

特徴:土日祝日対応 / 全国対応 /無料相談 / メール相談 / 分割払い

電話無料相談:0120-337-064
受付時間 9:00~20:00
(通話料無料、PHS、携帯ok)