債務整理は、借金の減額や分割返済、免除が最大のメリットです。
ですが、いわゆるブラックリストと呼ばれる信用情報機関へ登録され、5年から10年の間クレジットカードやローンを組めなくなるなることがデメリットとなります。

このデメリットを承知で債務整理を行ったものの、いざ債務整理の手続きが終わるとクレジットカードがいかに便利だったかを思いしらされます。
しかも、クレジットカードが無いと一部のサービスは利用できないものもあります。

クレジットカードが使えなくて不便

今回は、そんな悩みを少しだけ解消できるドコモ口座を紹介します。

ドコモ口座とは

ドコモ口座は、専用の口座へ入金して利用する、Visaプリペイドサービスです。
docomo携帯の契約者のみが利用できるサービスで、特に審査はありません。

ドコモ口座

ですが、それだけならわざわざ紹介していません。
ドコモ口座が、他のサービスと異なるところは次の2点です。


  • 後払い決済(制限つき)
  • 定期払い

1.後払い決済

後払いのメリットは、ドコモ口座にチャージしている金額が、サービスや商品の購入金額より少なくても購入できるところです。

この点は、ちょっとだけクレジットカードに似ていますよね。

例えば、8,000円の商品をネット通販で購入しようとした場合、他のプリペイドサービスやデビットカードだと、8000円分チャージもしくは銀行の残高になければ利用できません。

しかし、ドコモ口座であれば、口座に1,000円しか入っていなくても8,000円の商品を購入することができます。

差額の7,000円はというと、ドコモ口座を利用した次の月に携帯料金と一緒に請求されることになります。

なお、先に制限があると紹介しましたが、後払いには上限があり月々2万円までとなります。
制限があるにしても、結構うれしいサービスではないでしょうか。

「今月少し使いすぎてしまったけど、どうしても欲しいものがあるのに。。。」というような時でも、今までは我慢しなければなりませんでした。
しかし、ドコモ口座を使って後払いにすることによって、解消できるかもしれません。

ドコモ口座を使ってみた

ちなみに私自身も後払いを利用してみました。
以下のように請求書にドコモ口座ご利用代金と書いてあるのがわかります。

ドコモ口座利用分の請求書

このときは、Amazonで3,132円のモレスキンのノートを購入しました。
ドコモ口座には、600円入っていましたので、その差分の2,532円が請求されています。

2.定期払い

プリペイドカードや一部のデビットカードでは、定期払いができません。
ドコモ口座であれば、定期払いも可能です。

試しに、Amazonプライムと動画サービスのhuluを利用しましたが、特に問題無く利用できています。

利用開始方法などの詳細は、ドコモ口座の公式サイトをご確認下さい。

用語解説

債務整理後の生活にドコモ口座があれば、少しだけですが生活に余裕がでるはずです。

すでに債務整理をした方、これから債務整理をしようと考えている方はぜひドコモ口座を利用してみることをおすすめします。

法律事務所選びに迷ったら街角相談所-法律-へ

街角相談所-法律-は、全国の債務整理の専門家から、あなたに最適な法律事務所を紹介してくれるサービスです。無料で利用できますので安心してご利用下さい。

債務整理の相談で毎月10,000人以上もの方が利用しています。

債務整理に強い弁護士事務所『東京ロータス法律事務所』

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題解決の経験・実績多数の債務整理に強い法律事務所です。

毎月の返済がつらい、借金がなかなか減らないなど借金問題でお悩みの方は相談してみましょう。

特徴:土日祝日対応 / 全国対応 /無料相談 / メール相談 / 分割払い

電話無料相談:0120-337-064
受付時間 9:00~20:00
(通話料無料、PHS、携帯ok)