「借金の返済額が増えてきたけど、なんとか返せるだろう」こんな状態になっていませんか?
実際には、債務整理をしなければならない、一歩手前まできている可能性があります。

債務整理の目安とタイミング

また、債務整理にはデメリットがあるため、なるべく借金を自分の力で返しきることを考えると思いますが、実際には出来ない人がほとんどです。
私もその一人でした。

今回は、今以上に借金を背負わないように、借金がどれくらいになったら債務整理をする目安なのか、いつ頃が債務整理をするタイミングなのかについて紹介します。

債務整理を行う目安

債務整理を行う目安は、手取り年収の3割以上の金額を借金していることが、一つの目安になります。
もちろん、社宅や実家に住んでいたりすると家賃の支払いが無い分、目安はもう少し引き上げられることもあります。

例えば、手取り240万円の人(税金込だと300万円程度)の場合は、72万円以上の借金をしていれば、すでに債務整理の検討をする必要が出てきます。
以外に少ない気がしますが、3割程度で検討しないとさらに借金が膨れ上がることになります。
借金が膨れ上がると債務整理の選択肢が狭まり、最終的には自己破産しか選択肢が無くなってしまいます。

実際に、私も債務整理を体験していますが、当時の年収が300万円だったのに対して、借金額はなんと350万円にもなっていました。
なぜもっと、早めに弁護士へ相談しなかったのか悔やまれます。。。

ちなみに私の場合は、自己破産してもいい金額でしたが、家族にバレたくないのと、奨学金の保証人が親になっているという理由で、任意整理を選びました。

債務整理を行うタイミング・時期

債務整理の目安を紹介してきましたが、タイミングについて紹介します。
結論からいうと、明確なタイミングはありません。

債務整理で紹介したように、年収の3割を超えたらすぐにでも、債務整理の専門家に相談するべきだからです。

あえて言うならば、ボーナスを受け取ってすぐのタイミングです。
というのも、債務整理を行う場合は、弁護士や司法書士に依頼します。
基本的には、借金問題の相談は無料なところが多いですが、依頼したタイミングで費用が発生するためです。
よって、ある程度の金額が必要になるため、ボーナス時期がおすすめというわけです。

ただし、弁護士や司法書士へ依頼する際には分割が出来る事務所もあります。
したがって、あまり貯金がなかったり、ボーナス時期まで待てなかったり(もしくは、ボーナスが無い)する場合には、分割払いの対応をしている法律事務所へ依頼するのがよいでしょう。

債務整理に強い弁護士の選び方

また、転職を考えている場合や会社を辞めて就職活動している場合には、次の会社に入社してから債務整理をしましょう。
自己破産であれば問題ありませんが、任意整理や個人再生を行う場合には、継続的な収入があることを条件としているためです。

用語解説

債務整理をする目安とタイミングを紹介しました。
今回はあくまで、一般的な目安を紹介しましたので、少しでも不安な方はまず、弁護士や司法書士の無料相談を利用してみることをおすすめします。

法律事務所選びに迷ったら街角相談所-法律-へ

街角相談所-法律-は、全国の債務整理の専門家から、あなたに最適な法律事務所を紹介してくれるサービスです。無料で利用できますので安心してご利用下さい。

債務整理の相談で毎月10,000人以上もの方が利用しています。

債務整理に強い弁護士事務所『東京ロータス法律事務所』

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題解決の経験・実績多数の債務整理に強い法律事務所です。

毎月の返済がつらい、借金がなかなか減らないなど借金問題でお悩みの方は相談してみましょう。

特徴:土日祝日対応 / 全国対応 /無料相談 / メール相談 / 分割払い

電話無料相談:0120-337-064
受付時間 9:00~20:00
(通話料無料、PHS、携帯ok)