債務整理って家族にも相談したくないし、ばれたくないですよね。

私も債務整理を行いましたが、弁護士さんに相談するまでは家族にばれないかどきどきしていました。ここでは、債務整理をすると誰かに知られてしまうのかを記載しています。

債務整理はばれる?

債務整理がばれる場合も有りますし、ばれない場合もあります。個人個人で事情が異なるためです。

家族や身内に債務整理がばれてしまう原因

債務整理をしたことが、ばれるシチュエーションは、以下のようなことが考えられます。

1.家族と同居している場合

家族と同居している場合、弁護士事務所や裁判所から届く書類が見つかってしまう可能性があります。また、持ち家で自己破産を選んだ場合は、家を手放すことになるので、ばれます(と言ってもこの場合は、家族に相談していると思いますが)。

残念ながら一人暮らしではない限りばれずに済むということは可能性は高くありません。債務整理をする時は家族や身内にいる場合は、揉め事にならないように事前に相談することをおすすめします。

2.保証人がいる場合

家族と同居していない一人暮らしであっても、ばれる場合があります。それは、家族や身内が保証人になっている場合です。保証人になっている借金があると債務整理をすることにより、本人は返済能力が無い為保証人になっている人に借金が移ってしまうためです。

しかし、複数借金の借入れ先があり、その一部のみに保証人がいる場合は、ばれずに済む借金整理方法がありあます。それは、任意整理という方法です。任意整理は、各借入先と交渉して(通常は弁護士)利息の停止や過払い金を引き直し、その差分を定期的に返済する方法です。

『任意』と呼ばれるのは、借金整理する業者を決めれる為です。例えば、10社から借り入れをしていて、1社のみ保証人がいる場合、この業者を除いて借金整理を行えば、保証人へその借金が移ることも無いため、ばれることも保証人に迷惑をかけることもありません。

3.提出書類が必要な場合

個人再生を行う場合には、配偶者の給与明細や源泉徴収票の提出が必要な場合があります。急に書類が必要になったと言っても配偶者に不審がられてしまいます。

また、退職金額が必要になるため職場に退職金額証明書を発行してもらうことになります。この場合は、家族ではなく会社にばれる可能性があります。

上記の場合、提出書類と債務整理が必ずしも結びつきませんので、債務整理以外に「与信調査のために必要」などの言い訳を考えておきましょう。

4.新規のローンやクレジットカード

債務整理の手続きも終わりほっとしたのもつかの間、債務整理後は一定期間ローンを組んだり、クレジットカードを新規作成できなくなります。

このことから、なぜローンを組んだり、クレジットカードの作成をしたり出来ないのか聞かれる可能性があります。

任意整理がおすすめ

私も任意整理を選びました。理由は、奨学金です。奨学金は保証人が必ずつくためすべての借金を整理していまうと親へ借金が移ってしまい、そこで知られてしまうためです。

【債務整理と奨学金】連帯保証人がいる場合は任意整理を検討してみよう

本来は、自己破産や個人再生を行って借金をチャラ、もしくはかなりの減額をしたいところですが、家族・身内に知られたくない、迷惑を掛けたくないと言う方は弁護士さんに事情を話して、任意整理を選択することをオススメします。

法律事務所選びに迷ったら街角相談所-法律-へ

街角相談所-法律-は、全国の債務整理の専門家から、あなたに最適な法律事務所を紹介してくれるサービスです。無料で利用できますので安心してご利用下さい。

債務整理の相談で毎月10,000人以上もの方が利用しています。

債務整理に強い弁護士事務所『東京ロータス法律事務所』

岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題解決の経験・実績多数の債務整理に強い法律事務所です。

毎月の返済がつらい、借金がなかなか減らないなど借金問題でお悩みの方は相談してみましょう。

特徴:土日祝日対応 / 全国対応 /無料相談 / メール相談 / 分割払い

電話無料相談:0120-337-064
受付時間 9:00~20:00
(通話料無料、PHS、携帯ok)